-->
実際にノートPCの画面の前で止まることなく変動している為替レートをご覧になっていると、直ちにエントリーをするという抑えようの無い感情に煽られる方も少なくないと思います。しかしながら、不明瞭な感覚で売買するのは間違ってもしてはいけませんご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず常にどこかでマーケットが変化しているし市場もいつでも、変動している。しかしながら、立て続けにエントリーを積み重ねると、それだけ損をするリスクが増します。当たり前ですが、売買の回数を積み重ねる事で、勝利する確率が五分五分になるのは事実。でも「なんだか分からないアイデアで注文」することとは別問題です。注文回数を積み重ねるというのは自ずから「ここで勝負」と思いついた自信を得られたところでの取引回数を重ねるという意味です。ただ、絶え間なく注文を積むのとは明確に違う。外国為替市場の勝負に敗北しないためには、自ずから意識してメリハリをつけることが大切です。「ここで勝負」と思えた外国為替市場の時にはいっそ所有ポジションを増やして、集中して利益を追求する。「少し難しいマーケットで、どうなるか考え付かないな」と思った時は執着しないでポジションをひとつも残さないでクローズして放置します。これぐらいのけじめがあったほうが、最後にエントリーは成功します。相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。まったくその通り。外国為替相場とは、何も常に売買ポジションを所有する事が全部ではなくどれも保有せずじっとしていることも時には取引です。それでは、どういう時に、休むべきなのでしょうか。最初に考えられるのが、前に述べたように、今のマーケットが具体的に見通しがきかない時ですどうなるのか判断できない時は間違って判断すると、自分自身で考えた物語とは逆に為替相場が向ってしまい損をする事になります。そのため、こうした場面ではポジションを無くして、そのまま何もぜずに静観しているのがいいだろう。もうひとつの場面は、己の体の具合が思わしくない時です。体の状態と外国為替相場に影響ないと思う人もいるでしょうが現実には思ったより関係がある。体の調子が変な時はマーケットの肝心なところで必要な判断が出来ない場合が多くなります。気分が乗らない時は、取引から離れてみるのも大事なことだ。

Link

Copyright © 1997 www.ocrmobile.com All Rights Reserved.